髪は黒髪で清潔感を出す

人は見かけが一番大事

初めてのお仕事に就く時の第一関門は、何と言っても面接ですよね。学歴や職歴が良くて資格をたくさん持っていても、なぜか採用されない、なんて経験はありませんか? 実力は十分あるのに上手くいかない」、「不採用になった理由がわからない」など、内容は100%OKでも、もしかすると証明写真で損をしているかもしれませんね。せっかく希望のお仕事に応募するのですから、第一印象は良くしたいところです。一体どうすれば印象良く見えるのか考えてみましょう。 昔々は真っ黒の髪でないとダメ!茶髪や金髪などはもってのほか!という風習があったかと思います。本来の髪色より黒いのは、逆に不自然で怖い感じもしますが、「人は見かけが大事」という言葉があるように、他人は第一印象でその人を判断する傾向にあります。どんな職種に就くかにもよりますが、あまりにも極端な髪色は信用問題にかかわります。例えば接客業や営業職など、人と人とがかかわり合うお仕事は見た目の印象は重要です。もし自分が社長だったら、お客だったらと逆の立場で考えてみたらどうでしょうか?不安に思ったり頼りなく感じるようでは心配になりますよね。写真でなくても初対面の場合はできるだけ相手に安心感を与えるように気を付けてみましょう。

艶のある髪で自分らしさをアピール

元々の髪色をより黒く染める必要はありませんが、黒色と茶色では見た目の先入観で違いが出てきます。黒のイメージは「暗い」、「真面目」、「重い」など、反対に茶のイメージは「明るい」、「柔らかい」、「優しい」などなど思いつくのではないでしょうか?実際にヘアカラーをする際は、このようなイメージに近づけるために染めますよね。「黒髪は重く見えるからイヤ!」という人が多くいますが、艶のある黒髪はとってもきれいです。日本人の肌色と黒髪はちゃんとバランスが取れているので、ベストな色なんですよ。外国人から見た日本人の黒髪はすごく魅力的!と評判がいいんです。もっと本来の髪色に自信を持ちましょう! 髪を染める時、人工染料でカラーリングをするとどうしてもダメージを受けてしまいますが、植物の力を利用する「草木染め」ならダメージレスで染められます。植物なので何十色も種類があるわけではありませんが、植物本来の効能で、髪を健康的に艶やかに仕上げます。サラサラの直毛でもねじれたクセ毛でも、ピカピカ光る黒髪は凛とした印象で清潔感があります。見た目でなくても中身も重要と思われますが、やっぱりバサバサの髪で不潔に見えるのはいけませんよね。