電話対応の知識を身につけておく

電話対応は社会人としての基礎

仕事探しをするときにはビジネスシーンで役に立つ知識や技術を身につけておくのが大切です。どんな知識をつけておいたら良いのかで悩んだときにはまず電話対応について学んでおきましょう。面接を受けるときに電話対応の仕方について聞かれる可能性があるからというわけではありません。コールセンター勤務などの場合であれば電話対応に関するノウハウがあるかどうかを面接で質問されることもあるでしょう。しかし、一般的な職種では電話に特化したような質問をされることはまずないのです。それでも学ぶのが重要と考えられるのはなぜなのでしょうか。

適切な電話対応ができるのは社会人としての基礎として認識されているのが理由です。仕事の求人に応募してから採用されるまでの間に採用担当者と電話をすることは一度くらいはあるでしょう。そのときにビジネスレベルで適切な電話対応ができていない様子がわかると、社会人としての基礎がなっていない人だという認識を受けることになるのです。必ずしも選考の評価に直結するわけではないものの、印象が悪くなるので不利になってしまうのは確かです。きちんとした電話対応をするための知識は最低限でもつけておくのが重要と言えます。

とっさのときの対応力が大切

電話対応に関するビジネスレベルでの知識があったとしても、電話が実際にかかってきたときに適切な対応ができるかはまた別の話です。かかってきた電話の番号を見て、応募した会社からの連絡だとわかったとしても、電話に出てからイメージしていたように応答できないことはよくあります。特にかかってきた電話にとっさに出た場合には言葉に詰まってしまって悪い印象を与えてしまうことも珍しくありません。自然な形でとっさのときにも対応できるようにするには普段から電話のマナーを意識し、日常的に適切な応答の仕方をするように心がけることが肝心です。

知識はあくまで前提であって、実際にその知識に基づいた形で電話をした経験も少しはないとなかなか実践できません。知識をつけたら知人に電話をしてもらって適切な話し方ができるかを試してみると良いでしょう。何度か失敗の経験を積むとどんな対応をすれば良いかを瞬時に判断できるようになります。このようなトレーニングをしておくのが選考で不利にならないようにするために役に立つ対策です。仕事探しをしている段階で、並行して電話対応について学び、応募するときには安心して電話に出られるようになっておきましょう。