スーツや靴の細かな部分をチェック

身だしなみも評価の一部

仕事探しにおいては面接での質疑応答の前に、まずは身だしなみで最初の評価が下されます。きちんとした身だしなみは面接官への礼儀であり、社会人にとっての基礎の「き」だからです。逆に言えばきちんとした身だしなみは、第一印象を良くするツールであり、求職者のヤル気や気づかいをアピールすることにつながります。では身だしなみのどのような部分をチェックすればよいのでしょうか。

リクルートスーツは、自分が着たいデザインや着心地を優先するのではなく、面接官に爽やかで感じがいいと思ってもらえるものを選ぶのがポイントです。具体的にいえば上着の袖丈は、親指の付け根部分に袖先がくる長さがベストです。着丈は腕を下ろした状態で、指の第2関節で上着の裾をつかめるくらいの長さが推奨されています。男性の場合はパンツの裾を合わせる際に、試着室の中ではなく自分の靴を履いた状態で確かめるようにしましょう。歩いても靴下が見えないパンツ丈が適当です。女性のスカート丈は業界にもよりますが、座った状態で膝が半分隠れるくらいが無難だといえます。パンツスタイルにする場合は、座ったときにお尻の部分から下着が見えないように股上の長さも確認しましょう。

小物にもこだわろう!

靴やネクタイなどの小物によって、身だしなみの完成度は大きく変わります。せっかくスーツをきちんと着こなしていても、社会人としてふさわしくない小物を身につけていたら信用度はガクンと下がってしまうのです。 ビジネスシューズは、革靴が基本となります。スエードやビニール素材のものは避けましょう。男性の革靴は、ストレートチップタイプが人気です。ストレートチップとは先端部分に直線が入ったデザインを指し、そのスタイリッシュな見た目がフォーマルな印象を与えてくれます。女性のパンプスに関してはさまざまな議論がなされていますが、ぺたんこ靴やつま先が見えるデザインはどうしてもカジュアルな印象になってしまうため、面接のときくらいは3~5cmのヒールがある普通のパンプスを選ぶのが無難だといえます。 男性のネクタイは、柄の種類が多くて迷ってしまいますよね。選ぶ際は、スーツとワイシャツを含めた総合的な視点が大切となります。ただし外資系企業の面接では、ストライプ柄を避けることが推奨されています。海外ではストライプ柄に軍の所属を表す意味もあるので、連帯旗と見似たような柄のネクタイを身につけていると、誤解を受けるリスクがあります。身だしなみは細部にまでこだわるようにしましょう。