筆記試験対策をしておく

筆記試験は一般常識や社会的なマナーを問う内容が多い

就職の際、会社によっては求職者に対して筆記試験を行う所があります。専門性が高い仕事の場合、その仕事に関する知識を確認する意味で行います。その一方で専門的な知識や技能を必要としない単純作業や雇用期間が決まっている短期の仕事でも筆記試験が行われることがありますが、これは求職者が一般常識や社会的なマナーを知っているかを調べるのが目的です。どんなに優秀な人材でも常識やマナーを知らなければ円滑に仕事を進めることができません。職場の人間関係が悪くなり、本人ばかりではなく会社の運営にも悪い影響が及ぶ可能性があります。特に取引先とのトラブルに発展した場合、その損失は計り知れません。トラブルを未然に防ぐために筆記試験による人選が行われているのです。

筆記試験はその多くが会社独自の基準で作られています。同じ筆記試験でも会社によって内容に大きな違いがあるので、万全な対策は存在しません。しかし、一般常識や社会的なマナーを問う試験であれば、よほどの事情が無い限りどのような人でも合格点を取ることは可能です。中には会社の運営方針や個人のプライバシーに関する事柄を問う試験もありますが、できるだけ真摯な姿勢で試験に取り組み、面接の際に試験内容を確認するのが社会人としての正しい姿と言えます。

仕事の内容によっては事前の勉強が不可欠

就職活動における筆記試験は仕事の内容によって対策の方法が異なります。中でも地域の歴史や文化に関係する仕事の場合、郷土史や産業に関する知識が不可欠です。何の知識も持たずに試験に臨んでも合格点を取ることはできません。地域性に特化した筆記試験は歴史や文化に詳しい地元民を優先して雇用する目的もあるため、そのような条件で就業するには地元民以上に地域の事柄に精通する必要があります。また、専門的な技能が要求される仕事の場合、筆記試験は知識の他に過去の実績を問う内容の可能性もあります。職人系と称される技能職は何よりも過去の実績が重視されるためです。資格の取得年月日から実務経験の長さなど、事細かに調べるので十分に注意する必要があります。

幼児教育や高齢者介護など他者と触れ合う機会が多い仕事も過去の実績が重視されやすいのが実状です。小さい子供や高齢者と接する仕事はコミュニケーション能力が問われます。経験が豊富であることは大きなプラスになりますが、それ以外にも他者との接し方をどう考えているかを知るうえでも筆記試験が必須です。自分が他者と接する仕事を選んだ理由や触れ合いの重要性を的確に記述するのが効果的な試験対策と言っても過言ではありません。