必要な資格を取得しておく

資格がなければできない仕事がある

仕事を探すときには資格を取得しておくことが必須の場合もあります。どんな仕事をしたいかによって違うものの、なりたい職種や携わりたい業務の内容によっては資格がなければできない場合もあるのです。例えば、医師になって病気の患者の治療をしたいという希望を持っている場合には医師免許を持っていることが必須になります。工事現場で電気の配線をしたり、家庭へのリフォームサービスで電気系統を扱ったりしたいと考えた場合には電気工事士の資格が必要になるでしょう。法律によって資格がなければできない業務がたくさん定められているので、やりたい仕事に資格が必要かを調べてみるのは大切です。

ただ、本来は資格が必要だけれど現実的には資格がない人も仕事をしているというケースもあります。例えば、保育園で子供の世話をするには保育士の資格が必要なのが原則ですが、実際には資格を持っていない人が保育補助として働いている現場がほとんどです。資格があれば採用でも有利になるのは確かなので取得しておくに越したことはありません。しかし、保育士などのように取得にかなりの年月を必要とする資格の場合には取得すべきかどうかをよく考えてみる必要があるでしょう。

資格があるメリットを理解しよう

資格があることで応募できる求人が増えるのは確かですが、資格があるメリットは他にもたくさんあります。必ずしも業務に携わる上で必須の資格ではなかったとしても、資格の保有者だというだけで選考で有利になることはよくあるのです。採用側としてはできる限り戦力になる人を雇いたいと考えるのはもっともなことでしょう。資格があると知識や技術を持っていることがわかるので、その資格に関連する業務を任せたいと思っているときには有利に働きます。また、担当業務がその資格と関連なかったとしても、他の業務のアドバイスができる人として魅力を感じてもらえることも少なくありません。

資格があると特に書類選考では有利になるということも念頭に置いておきましょう。採用側にとっては面接を設定するのはかなり大変なので書類の時点で候補をかなり絞り込むのが普通です。資格があるなら会ってみても良いのではないかと考えてくれることが多いので、書類選考を通過するためには重要な要素になります。資格を保有していないのが不利に働くことはないですが、業務や事業と少しでも関連性があるなら資格があれば書類選考は通りやすくなる可能性が高いと考えるようにしましょう。